しゃれおつグルメ

【しゃれおつグルメ】今だから飲みたくなる!とっても気になるウィスキー!

  1. HOME >
  2. トレンドはじめました >
  3. しゃれおつグルメ >

【しゃれおつグルメ】今だから飲みたくなる!とっても気になるウィスキー!

【しゃれおつグルメ】今だから飲みたくなる!とっても気になるウィスキー!

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます(*‘ω‘ *)

以前に『日本酒・焼酎・スパークリングワイン』を紹介してきました。

今回は『ウィスキー』を紹介していきたいと思います。

『ウィスキー』は度数が高くて飲みにくいという方もいますが、

炭酸などで割ったらそこまで飲みにくいものではありません。

香りも良いですし、少し甘味を加えるだけで凄く飲みやすくなります。

今まで飲んでいなかった方も、この機会にお試しください。

では、紹介していきたいと思います。

 

山崎18年 43度 700ml (専用BOX入)

まずは

山崎18年 43度 700ml (専用BOX入)

です。

 価格はこちら

 

山崎18年 シングルモルト

山崎蒸留所のモルト原酒の中から、酒齢18年以上のシェリー樽原酒を中心に吟味を重ねてヴァッティング。

じっくりと後熟したフルボディの18年ものシングルモルトです。

18年という長い年月を樽で寝かせ、熟成された味わい。

是非、ご堪能ください。

 

味わい

シェリー樽貯蔵による甘いドライフルーツや香ばしいチョコレートの香りが特長で、

18年の歳月を感じさせる熟成感と複雑で奥行きのある味わいになっています。

その味わいは海外でも高く評価されています。

 

最優秀金賞受賞

世界的な酒類コンペティション

サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション

(SWSC)で『山崎18年』が最優秀金賞を2年連続で受賞した

『ウィスキー』となります。

世界で高く評価された『山崎18年』。

是非、この機会に一度ご堪能ください。

 

商品説明

品目:ウイスキー

アルコール分:43%

容量:700ml

原材料:モルト

製造者:サントリー株式会社

 

沖縄BLUE 8年 750ml 40度 【予約販売・12/10以降発送予定】

お次は業界初のライスウイスキー

沖縄BLUE 8年 750ml 40度 【予約販売・12/10以降発送予定】

です。

 価格はこちら

 

「熟成し続ける」希少な酒質の本格ライスウイスキー

ライスウイスキー『沖縄 BLUE 8年』は、

「熟成し続ける」という世界的に希少な酒質を備えた

お酒業界初めてのライスウイスキーです。

8年熟成の果実を思わせる香りや、40度の度数を感じさせない

優しい甘みが特徴の新たなウイスキーです。

 

3つの熟成を重ねた贅沢なつくりのウイスキー

『沖縄 BLUE 8年』は、バーボン樽熟成、古酒による熟成、

さらに亜熱帯熟成の3つの熟成を重ね合わせた贅沢なつくりのウイスキーです。

亜熱帯の高温多湿な気候下では樽内のアルコール蒸発が著しく、管理は難しいものの、

比較的短期間で熟成が進み、香りは芳醇に、味わいは濃厚に仕上がるのが特徴です。

 

おススメの飲み方

オススメはロック。ウイスキー好きはストレートを

香りが非常によいのでハイボールだと香りの立ち具合を楽しめそうですが、

ちょっともったいない感じがします。

度数の割にキツいアルコール感もないので、ロックでも美味しく楽しめます。

お酒好きの方は断然ストレートが美味しく感じるでしょう。

 

商品説明

商品名:沖縄 BLUE 8年

品目:ウイスキー

内容量:750ml

度数:40度

原材料名:スピリット(沖縄県製造)、モルト

製造元:久米仙酒造株式会社

保存方法:常温保存

 

サントリーウイスキー 響21年 43度 箱付 700ml

次は

サントリーウイスキー 響21年 43度 箱付 700ml

です。

 価格はこちら

 

HIBIKI 響21年

贅沢な原酒のハーモニー。

使用しているモルト原酒は酒齢21年以上の

超長期熟成のものを入念に吟味してブレンド。

合わせるグレーン原酒も酒齢21年以上の円熟原酒を厳選し、

丁寧にブレンドしました。

サントリーならではの多彩な原酒ストックがあればこそ実現した、

贅沢な原酒のハーモニーをお楽しみいただけます。

 

Tasting Note

やや濃い琥珀色。

レーズン、杏、イチゴジャム、パニラの香りなど、

きわめてフルーティーで甘美な、花を想わせる熟成香。

味わいはビスケット、焼プリン、甘酸っぱさ、スパイシー。

口当たりは、なめらか。

21年ものならではの重厚なコシ、気品のあるコク。

奥ゆきのある余韻の長いアフターテイスト。

 

サントリーウイスキー最高傑作

「響」には、良質な天然水を仕込み水に、

じっくりと時を重ねた原酒の数々がブレンドされています。

熱成のピークをむかえた原酒のみを厳選しブレンド、

これは当初の貯蔵量のわずか数パーセントという稀少なものです。

サントリーが持つ約80万の貯蔵樽の中から「響」に

相応しい30数種類の稀少な長期熟成原酒を厳選し、

伝統のブレンド技術によって生み出された「響」はまさに、

サントリーウイスキーの最高傑作です。

 

日本初のウイスキー蒸留所

1923年、サントリーは京都郊外の山崎において、

日本初のウイスキー蒸溜所建設に着手します。

理想としたのは、日本の風土に育まれ、

日本人の繊細な感性と丁寧な施しでつくり出したジャパニーズ・ウイスキー。

日本食の繊細な味を好み、洋酒にはまだまだなじみのない

日本人の嗜好に合わせるためには、

優れたブレンドが不可欠であると考えたのでした。

日本の気候や風土を生かした原酒を育てる一方で、サントリーは、

日本人の感性や美意識に根ざした、ウイスキーづくりに挑みつづけています。

 

まとめ

今回は『ウィスキー』を紹介させていただきました。

一口に『ウィスキー』と言っても色々あります。

是非、この機会にご自分に合う『ウィスキー』を

見つけてみてはいかがでしょうか。

飲み方によっても、味わいが変わってきますのでお試しください。

 

〇おススメ記事

 

 

 ふるさと納税♪

 

 【価格はこちら♪】

 

 ふるさと納税♪

 

 【価格はこちら♪】

-しゃれおつグルメ
-, , , , , ,