トレンドはじめました

【トレンドはじめました】『ウマ娘』人気!なぜ競馬に興味のないコスプレイヤーがハマるのか

  1. HOME >
  2. トレンドはじめました >

【トレンドはじめました】『ウマ娘』人気!なぜ競馬に興味のないコスプレイヤーがハマるのか

 

いまだ変わらない、ウマ娘の人気

今やアニメ、ゲーム共に記録的なヒットと飛ばしている

『ウマ娘 プリティーダービー』

新旧の競馬の名勝負、伝説のレースを擬人化した競走馬・美少女キャラが

演じるというコンセプトのアニメです。

古参の競馬ファンだけでなく、競馬に興味のない

コスプレイヤーの女性ファンが急増しています。

なぜここまで人気になれたのでしょうか?

 

『ウマ娘』コスプレ人気

今や、どの媒体でも『ウマ娘』コスプレと検索すれば、

沢山のコスプレ写真がヒットします。

数多くの「いいね」を獲得している人も多く、世間の『ウマ娘』

に対する関心が高い事がわかります。

SNSで『ウマ娘』のコスプレを見て『ウマ娘』を知る人もいます。

そこからハマっていき自分でコスプレしだす人もいるくらいです。

更には、『ウマ娘』を見て本物の方に興味が沸く人が続出です。

実際に競馬場に足を運ぶ人も多いとか。

ここまで魅了される『ウマ娘』とは一体何なのでしょうか。

 

『ウマ娘 プリティーダービー』

2021年2月24日にゲームアプリとして登場しました。

配信開始と同時に凄い勢いであっという間にDL数ナンバーワンに。

歴代の名馬が美少女キャラに擬人化し、個性溢れるキャラが盛りだくさん。

本来のゲームとしては育成ゲームなのですが、

レースに勝利するとライブステージがあり、それがまた人気に拍車をかけています。

ライブステージの曲も人気で、声優さん達が歌番組に出場するくらい人気です。

更には、ゲームアプリに先駆けてアニメも放送されており、

そのアニメが大変な人気っぷりに。

内容も、各名馬の実際のエピソードを基に描かれている為、

競馬ファンはハマる事間違いなしです。

逆に、アニメを見てそこから実際の名馬に興味を持った人も続出しています。

個人的には、アニメのレースのシーンで、実況が実際にあったレースの

実況と同じというのには驚きました。

そういった細かな点も忠実に再現しているのが人気になった理由の一つなのでしょう。

 

キャラクター

登場キャラクター

みんな可愛く、個性溢れるキャラクターばかりです。

アニメ・ゲームに登場するキャラクターを名前だけですが紹介させていただきます。

スペシャルウィーク

北海道の田舎出身で。緊張しやすいが明るく前向きな性格。

大食いで自室には大量の段ボールがあり中身は人参。

食事シーンでは、毎回山盛りてんこ盛り。

サイレンススズカ

物静かで神秘的な印象。

『大逃げ』が持ち味で、レースでは最初から最後まで先頭を走ることで

圧倒的な力を発揮する。

たまにお茶目な部分で出てくるのが◎。

トウカイテイオー

一人称が『ボク』のボクっ娘。

明るい性格でみんなから親しまれる。

『テイオーステップ』と呼ばれる足運びが特徴。

柔軟性を持ち、歌・ダンスともに上手い。

メジロマックイーン

メジロ家の令嬢。長距離を得意としている。

天性の才能と淑女的な振舞から注目を浴びる。

ゴールドシップとの掛け合いは見もの。

ウォッカ

一人称は『オレ』。

ガサツな言動の割には純情な面も。

ダイワスカーレトとは毎回意地の張り合いになっているが、良きライバル関係。

ダイワスカーレット

容姿は華やかで優美。

常に1番にこだわりがある。

ウォッカとは言い合いが絶えないが、良きライバル関係。

ゴールドシップ

愛称は『ゴルシ』で、自称する際に使う事も。

常に奔放な振舞をする自由人。

しかし、仲間の危機には本気になって対処する優しいさをもつ。

シンボリルドルフ

トレセン学園生徒会会長。

悠然とした振舞で圧倒的なカリスマの持ち主。

たまに不器用なダジャレを言い、周りをしらけさせる時も。

エアグルーヴ

トレセン学園生徒会副会長。

凛とした振舞で、自他共に厳しく接する。

シンボリルドルフの側近。

ナリタブライアン

もう1人のトレセン学園生徒会副会長。

ぶっきらぼうで無愛想。

エルコンドルパサー

アメリカ出身の帰国子女。片言の日本語を話す。

明るく活発的な印象。常に覆面をしている。

グラスワンダー

アメリカ出身の帰国子女。

日本茶と和菓子をこよなく愛する大和撫子。

普段はおっとりとしていて温和だが、怒ると怖い。

ヒシアマゾン

美浦寮寮長。アメリカ出身の帰国子女。

性格は一言で姉御肌。しゃべる方は荒いが面倒見は良いので子供たちに人気。

マルゼンスキー

器の広いお姉さんといったキャラクター。

古い流行語を話すなど、言動が古臭い面も。

タイキシャトル

アメリカからの留学生。

エルコンドルパサー以上の片言の日本語を使う。

明るくフレンドリーな性格だが、寂しがり屋の一面が。

テイエムオペラオー

一人称『ボク』の僕っ子。極度のナルシスト。

見た目(衣装)は、歌劇の王子様。

ナイスネイチャ

何事もほどほどにをモットーとしているブロンズコレクター。

実力はあるがいまいちレースに勝てず臆病になる時もある。

ツインターボ

一人称・愛称は『ターボ』。

あらゆることに全力で、スタート練習も全力疾走の逃げウマ娘。

言動が子供っぽく、周りから『いい子なんです。頭は悪いけど』と言われている。

マチカネタンホイザ

前向きな性格で、人一倍の努力家。

ドジっ子で、事あるごとに転んだり倒れたりして鼻血を出している。

イクノディクタス

ボブカットと丸メガネが特徴。

理路整然としていてしっかりしている。

他社であっても無茶をする姿は無視をできない。

 

まだまだ、沢山のキャラクターがいるのですが

余りにも沢山なのでここでの紹介はこれまでとさせていただきます。

衣装(勝負服)

見どころとしては、キャラクターの衣装も見てほしいです。

各キャラクターの勝負服(レースの時に着る衣装)が

それぞれの名馬の現役時代の騎手が着ていた服の柄だったり、

ウマが被る覆面の柄だったり、名前をイメージさせるデザインだったりと、

そこを見るだけで、『ウマ娘』を知らない競馬ファンでも

どの馬がモチーフになっているかがわかるようになっています。

そういった点を見るもの面白いと思います。

基本、どの『ウマ娘』も可愛いですけどね。

興味がありましたら、公式HPをご覧ください。

 

まとめ

このように、『ウマ娘』には見どころが満載になっています。

確かに衣装・キャラクターが可愛くてコスプレする人が増えたのでしょう。

そこからアニメ・ゲームをしてみてモチーフになった名馬が気になり、

本物の名馬を調べたり、競馬場に足を運ぶようになってきたのです。

確かに、少し前までは競馬場はギャンブルの場で敬遠していた人が多いでしょう。

しかし、最近はイメージがガラリと変わってキレイで楽しい場所になってきています。

『ウマ娘』をみて興味が出てきたら、一度足を運んでみるのもいいかもしれません。

一度行ってしまえば、意外と楽しいものですよ。

 

〇おススメ記事

 





 

-トレンドはじめました
-, , , , ,